熊野のそば処 − くまの庵

文豪・佐藤春夫が「望郷五月歌」で“空青し山青し海青し”とうたった故郷・熊野新宮に「手打ちそば くまの庵」はあります。
山が海に迫った紀伊半島の南に位置しているので、山の上にありながら海が見える、と遠方からのお客さまが喜んで下さいます。
熊野を訪れた折には、是非お立ち寄りになって、店主こだわりのそばをご賞味下さい。

くまの庵 正面